さんまる代の地味活

30代”ねこわめぐすり”女による雑記

給料の未払いが心配だったので元事務員がやったこと〜リストラ編〜

スポンサーリンク

 

           f:id:nekowamegusuri163:20180824152508p:plain

 

【もくじ】 

さいしょに

 

私は、安心して有給休暇のとれる会社に、まだ勤めたことがありません。

 

そんなある日、社長に突然リストラを言い渡され退職に至りました。

 

あまりにも突然で、驚きと怒りが込み上げてきましたが

 

冷静に「給与は確実に確保せねば!」と思い、ある書類を急ぎ作成しました。

 

会社が社長の浪費で経営困難だったこともあり

 

給与がきちんと振り込まれているだろうか…。

 

と心配でした。

 

「え?何言ってるの?」と思う人がいるかもしれません。

 

地方のブラック企業にはあり得ない考え方をされる社長様がまだ沢山残っています。

 

退職者にランダムな社長ルール

 

社長独自の判断で

 

退職時の給与を、本人へ勝手に下げたことを言わずに支払ったり

 

 

おいおい、あり得ませんけど?

 

 

有給休暇として承諾したにも関わらず、出勤していないからっと言って平気で給与全額支払わないとか当たり前にやっていた会社でした。

 

 

いや、有給休暇の意味わかってますか?社長?

 

 

 そんなことしてたら、退職者は労働基準監督署の窓口へ相談に行きますよね?

 

そうすると、ちゃんと会社へ指導が入ります。

 

どっちにしろ、指導後は会社が本人へ支払うことになるんですが

 

最初からきちんとしておけば揉めないで済むのに、何故かわざわざ揉めるようにされる社長でした。

 

そんな事もあり、私も有給消化は承諾してもらえたものの

 

給与を支払われるか、不安に思っていました。

 

             

            f:id:nekowamegusuri163:20180822124338p:plain

 

有給休暇に入る前に作った書類 

 

 どの会社にもあると思います。

 

「退職勧奨の通知書」と「退職勧奨の同意書」

 

ですが、この書類さえなかった会社に勤めていたんです。

 

この会社は今まで、解雇を「会社都合による退職」で処理せずに

 

全部「自己都合による退職」で処理していた会社だったんです。

 

 

なんて会社だ!

 

 

「退職勧奨の通知書」には

 

・会社名、住所、会社実印

・退職日

・給与金額

・振込日と口座番号

・退職勧奨の理由

 

以外に、付け加えた項目があります。

 

・有給休暇日数

・休日出勤日数

・時間外労働

・合意したとわかる文章

 

これらの日数を証明するために

 

 

日頃から「作業月報」を作成していました。

 

 

作業月報は、何日の何時出勤、昼休み時間、退社時間、何の業務を何時間したかなど

 

1日の流れがわかる記録簿みたいなものです。

 

面倒ですが、手書きでも記録しておいた方がいいです。

 

この「作業月報」をもとに、休日出勤と時間外労働を給与計算しました。

 

あとは、社長とそれらの資料をもとに直接交渉するのですが

 

お金に関しては通常の給与以外で支払うことがないのはわかっていたので

 

「就業規則」または「雇用契約書」に

 

休日就業は振替休日していいと書いてあることを武器にして

 

給与で支払うのと振替休日どちらにするか選んでもらいました。

 

もちろん、振替休日を言い渡されました。こちらの方が私にとっては

 

 

有給休暇とプラス振替休日で退職日まで会社に行かずに済む方法だったんです。

 

 

ちゃんと、社長から承諾を得た事も作業月報に記録しています。

 

 

 

「退職勧奨の同意書」には

 

・退職日

・社長の直筆サインと会社実印

・自分の住所と名前と印鑑

・記入した日付

 

さらに信用していないため

 

 

各2部ずつ作成した上に会社実印で割印をしました

 

 

割印することで、会社保管用を勝手に改ざんされないようするためです。

 

 

        f:id:nekowamegusuri163:20180827110035p:plain

     

 

 

離職手続き事業主側

 

ハローワークの窓口では、離職理由に必要な書類を確認されます。

 

例えば…

 

自己都合退職なら「退職届」

 

ただし、本人からの提出が困難な場合など理由を伝えると手続きしてくれます。

 

会社都合退職なら「解雇通知書」や「退職勧奨通知書」など退職理由にあう書類になります。

 

この手続き後に、離職票が本人へ送られてくるのですが

 

きちんと退職理由をチェックしておかないとブラックな会社は平気で解雇を自己都合退職で書いてる時があります。

 

離職票に嘘を書かれていたら、

 

退職者本人が会社に直接抗議するかハローワークの窓口に相談してください。

 

解雇になったのに離職票が自己都合退職になっていたら、失業保険でも損をします。

 

退職者の中には

 

「どうでもいい」、「すぐ働くから面倒だ」と言ってそのままにする人

 

また何もしないで会社が処理したままで諦める人もいます。

 

 

諦めないで下さい。

  

www.nekowamegusuri.com

  

 解雇予告手当

 

急に、「明日から来なくていい」って解雇を言われたら

 

 

解雇予告手当を会社へ請求しましょう。

 

 

会社は1ヶ月前に解雇の通知をしないといけないのですが

 

1ヶ月きってたらその分を解雇予告手当として本人へ支払わなければいけません。

 

怒りに任せて、自分から辞めたくないのに、辞めるなんて言わないで下さいね。

 

おまけに、退職届を提出するよう言われても出さないで下さいね。

 

下手したら、自己都合退職で処理されますよ

 

ブラックな会社は、解雇予告手当を支払いたくないのですから。

 

解雇もいろんな理由がありますので納得しない場合は、資料証拠を集めておくといいかも知れません。

 

極端に言うと「解雇通知書の退職日が当日だった資料」などです。

 

自分のためにも、決して捏造はしないで下さいね。 

 

           f:id:nekowamegusuri163:20180825134330p:plain

 

まとめ 

 

給与日がきたので、当日銀行へ確認してくると、ちゃんと振り込まれていました。

 

半分、振り込まれていないと思っていたので上記の書類一式を準備していたのですが

 

労働基準監督署に提出せずにすみました。 

 

会社側からもらった通知書は隅々まで目を通すといいと思います。

 

気になる箇所や確実に記載してほしい内容を、会社と話し合いしてみてはいかがでしょうか。

 

また、就業規則がある会社や雇用契約書なども必ず内容をチェックして下さい。

 

どうしても会社と話が平行線なことが出て来ると思います。

 

そんな時は、離職票などはハローワーク、給与未払いや労働条件などは労働基準監督署

 

へ相談することをすすめます。

 

おわり